日本民藝館で思うこと

13977336540950

東京にある日本民藝館に行ってきました。

日本民藝館は民藝運動に力を注いだ柳宗悦によって創設されました。

民藝運動では、柳宗悦らが日本のさまざまな日用品などの無名の職人による民芸的工芸品について
美を見出し、そういった考えを世に広めました。
この運動から民藝という言葉が生まれていたりもします。

今回、日本民藝館に行ったのが初めてだったのですが、ある意味ショックを受けました。
日本民藝館に展示されている工芸品を見て、自分は日用品という感じがまったくしない
ということに驚いたのです。

江戸時代の日用品も展示されているのですから、時代が違うのだから当たり前といえば
当たり前なのかもしれません。
しかし、柳宗悦らが民芸運動を通して守りたかったことが現代ではほとんど受け継ぐことが
できていないのではないかということを感じました。

日本民藝館という存在が時代に取り残されるようで、なんだかさみしい気持ちになりました。

今度は、自分たちが動くときだと決意しました。

Pocket

2014-04-17 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment